福岡市城南区の歯科医院や歯医者さんのご紹介

福岡県福岡市城南区の歯科の一覧です。地下鉄七隈線沿線や早良街道沿線の歯医者さんをご紹介致します。

インプラントやホワイトニング対応の歯科医院や歯並びを治す矯正歯科や、お子さん向けの小児歯科をお探しの方のお役に立てれば幸いです。

掲載サイト募集中

こちらに掲載希望されるサイトを募集中です。

【城南区の歯科事情】 地下鉄七隈沿線、県道557号沿線に多い歯科医院

福岡市城南区は、福岡県福岡市にある7つの区の一つです。 福岡市城南区は、自然あふれるファミリー向けの区です。 人口は約129600人ほどの区で、中央区の次に狭い区となっています。

城南区は1982年に、それまでは西区の一部だったのが西区と早良区、城南区の3つに分割されて出来ました。

2005年に地下鉄の七隅線が開業、人口が多い割に交通網の整備が大変遅れていたのですが、 福岡高速5号線(堤出入口)・福岡外環状道路なども開通しました。 また、バスは西鉄バスが走っています。

この城南区にはシンボルの油山という山があり、市民の森というスポットがあります。 他にここには園芸公園や牧場もあります。

城南区はこの油山を始め、自然を感じる事の出来るスポットが多い区です。 博多湾に流れ込む涌井川はとても綺麗で、 ため池を活かした公園などもたくさんあって、自然を楽しむ事の出来る区だと言えるでしょう。

公園の数も広さの割にはたくさんあり、ファミリーが住むには適している区だと言われています。

福岡市城南区には、74軒ほどの歯科医院があります。

城南区の南のほうには歯科が少ないのですが、 北から202号線沿い、茶山や金山や福大前を通る路線沿い、福大通りや油山観光道路沿いには、 たくさん分布しています。

城南地区の歯科医院には、中央区の南部や、南区の西部、 早良区の北部などの周辺地域からでも来院できます。

インプラント治療ができる歯科医院

福岡市城南区でインプラント治療を行っている歯科は約6軒あります。

費用はすべての歯科で公開されているわけではありませんが、 その中のひとつである田中ひできインプラントセンターでは、 奥歯のインプラント治療が25万円、前歯の治療が28万円で行われています。

インプラント治療はメンテナンスを含め、 長期に歯科と付き合っていく必要がある治療方法です。

そのため、それぞれの歯科の情報を良く調べて利用するようにしましょう。

インプラントを行える歯科は、 インプラントを行っている歯科の検索サイトを利用することで簡単に見つけることができます。

実際に見つけることができた歯科医院をいくつか紹介します。

まずは田中ひできインプラントセンターで城南区干隈にあります。 二つ目はかねこ歯科クリニックで、西鉄バスの東油山バス停近くにあります。 三つ目は江川歯科医院で福大通り沿いにあります。

城南で歯列矯正を行っている矯正歯科の特徴

歯の噛み合わせを正常にする事により体の歪みが解消されるので、 頭痛や肩こりが改善されるケースがあります。

歯列矯正は、体全体のバランスを整える効果が期待できる治療です。 歯科医師の資格を保有していればだれでも行う事が出来るのですが、 ハイレベルな技術が必要となるので、クリニック選びが重要です。

福岡市の城南区には、歯列矯正を行っている事を示す矯正歯科を標榜しているクリニックが25件存在しています。

この中で城南区茶山にある豊島歯科・矯正歯科は、 日本矯正歯科学会認定医の資格を保有している院長により高いレベルの歯列矯正が提供されています。

城南区田島にある二階堂デンタルクリニックは300人以上の矯正治療を行ってきた実績を持っている歯科医院です。 城南区七隅にある岸歯科医院は床矯正という特別な技術を用いての歯列矯正を行っています。

歯列矯正は健康保険が適用されない自由診療に分類されるので、 費用はすべて実費となります。

クリニックごとに料金設定を行う事が認められており、100万円を超えるケースもあります。

歯列矯正を行っている歯科医院を調べる方法としては、 利用者の感想である口コミを参考にするのが効果的です。

小児歯科と一般的な歯科との違い

小児歯科と掲げている歯科医院がありますが、普通の歯科とは何が違うのでしょうか?

子どもの口腔内は大人とは違う事情があり、専門性が必要なのです。 乳歯は大人の歯と構造が異なり、虫歯になるポイントも違います。 また、大人の歯に生え変わるため、治療法も違う場合もあるのです。

生え変わるまでの期間、次に生えてくる大人の歯に影響がないような治療を行う事も重要です。

さらに、虫歯になりやすいので、予防法もいろいろあります。

奥歯の噛む面の凹凸が乳歯の方が深く、ここには歯ブラシが届かないので、 あらかじめ埋めてしまう「シーラント」や、 歯の表面のエナメル質を強くする「フッ素塗布」などが一般的な予防法です。

その道具や薬剤、治療や予防の方法をしっかりと準備できていて対応できるのが小児歯科です。

歯科が苦手な子どものために、雰囲気をやわらかく子ども向きにしている医院も多いです。

待合室に絵本やおもちゃを用意したり、診療台でアニメを見られるようにしたり、 終了後ご褒美におもちゃやシールのプレゼントを用意している所なんかもあります。

ドクターが白衣を着ないとか、スタッフもかわいいキャラクターのエプロンをしているとか、 通いやすい環境作りをしている医院も多々あります。

子どもの歯磨きは、小学校低学年くらいまでは親がしっかりと仕上げ磨きをしてあげて下さい。 そして虫歯がない場合でも、半年に1回は予防のために歯科への受診をおすすめします。

白くてきれいな歯をキープするホワイトニングは、審美歯科で

ホワイトニングとは歯を白くすることで、その方法は様々です。

しかし一般的に知られており、人気のあるものはブリーチングと呼ばれるホワイトニングで、 歯に着いた汚れや色素を薬品を用いて落とし、歯を白くする方法です。

歯科で行われるホワイトニングは専用の薬品を歯に塗り、 その薬品の効果を高めるためにレーザーを当てて歯を白くしていきます。

料金に関しては全ての歯のホワイトニングで10万円以下で済む場合がほとんどです。 しかし歯科医によって料金は異なってきますので事前の確認は必須です。

ホワイトニングは、審美歯科が専門ですが、普通の歯医者さんでも可能なやり方はありますので、 掛かりつけの歯科に確認してみてください。

通院回数は1回から4回が一般的とされています。 薬品を使うために安全性を考慮し、 何回かに分けてホワイトニングを行うことをたいていの歯科医は心がけています。

このホワイトニングのメリットは、 何といってもきれいな白い歯を取り戻すことができるということです。

また薬品によるものであるために歯を削って傷めることなく行えます。 しかし費用は決して安いとは言えません。

また持続性は個人差もありますが一般的には6ヶ月から1年と言われており、 決して長くはありません。

しかし食べ物や歯のケアに気をつけることでホワイトニングの持続性を伸ばすことができますので、 ホワイトニング後のアフターケアは重要です。

優良サイトをご紹介、No1サイトディレクトリーへの登録は下記よりお申込み下さい。
No1サイトディレクトリー 掲載希望サイト募集中!

PAGETOP

powered By Google

No1サイトディレクトリーは、掲載希望サイトを募集中です。
No1サイトディレクトリーは、掲載希望サイトを募集中です。